やまかず太陽光発電所 所長紹介

略歴

1958年 大阪府河内市(現東大阪市)に生れる。
1977年 大阪府立夕陽ケ丘高等学校卒業
1981年 大阪府立大学工学部機械工学科卒業

シャープ株式会社に32年間勤務後、株式会社サニックスにて取締役を4期勤めた後、退職。

保有資格

 

中小企業診断士

(一社)中小企業診断士協会所属

情報処理技術者

プロジェクトマネージヤ
システムアナリスト
システム監査技術者

貸金業務取扱主任者

 

技術士

機械部門(情報・精密機器)

家族

妻、長男、義父
長女は東京へ就職

趣味

ドライブ、オーディオ、音楽(ジャズ、フュージョン)

オーディオ談義

 32年間、自作の窪田式オールFET Non-NFB A級30WアンプでHi-Fi音楽を楽しんできました。2013年春、愛機のプリアンプとCDプレイヤーが相次いで昇天。メーカーにも流石に20年以上の部品在庫は無く修理を断念しました。
 時代は大きく変わり、マルティメデァで映像も音楽も一緒に楽しめます。折角チャンスですから、思い切って全部買い替えました。しかし、単品で20万円も出せば良い音が楽しめる時代ではなくなっていました。特にデジタルアンプは最悪です。納得の行く音を求め、少し古いですが、3-4年前の国産ハイエンド機を購入しました。
 基本の5.1chからスタートですが、スピーカー選択は中々難しいですね。雑誌等で評判のスピーカーには音に色付けする機種が多いです。評論家の意見など全く参考になりませんね。結局、タンノイと同じ同軸スピーカーのKEF Rシリーズに落ち着きました。
 BDで聞くライブミュージックは臨場感一杯で最高です。

機器名

レガシーシステム
2ch Hi-FIオーディオ

新世代システム
5.1ch オーディオビジュアル(AV)

レコードプレイヤー

ヤマハ GT-2000
(LPレコード再生)

同左

ディスクプレイヤー

ヤマハ CDX-2000
(CD再生)

デノン DVD-A1UD
(CD,SACD,DVD,BD再生)

カセットテープデッキ

ティアック V-7000

FMチューナー

ソニー ST-J75


(インターネットラジオへ移行)

ネットワークオーディオ

アップルTV
(i-Tune再生)

コントロールアンプ

ヤマハ C-6

デノン AVP-A1HD

パワーアンプ

自作 A級40W

デノン POA-A1HD

フロントスピーカー

タンノイ System-8

同左

センタースピーカー

KEF R-600c

サブウーハー

KEF R-400b

リアスピーカー

KEF R-100

液晶TV

シャープ LC-37XJ1

シャープ LC-52UD20

HDDレコーダー

パナソニック DMR-E200H

シャープ BD-HDW700

オーディオ談義2

 自宅で使っていたシャープの1ビットAVシステム(5.1ch、定価4万円くらい)を単身住居で使用していましたが、音が余りにもよろしくないので、 消費税が上がる前にスピーカーを買い替えました。KEFのE305というセット物ですが、格段に音が良くなりました。シャープの1ビットはΔΣ変調方式で定評があり、200万円もするHi-Fiアンプもあったのですが、今はもう売っていないです。
 最近のハイレゾオーディオも聞きたいと思い、パソコンからの音楽がオーディオ装置からも聞けるように、ネットワークオーディオプレイヤーなるものも購入しました。e-onkyoからダウンロードした音楽(5.1chDolbyHD24bit/96kHz)も中々いけますね。ネットオーディオは侮れませんよ。

機器名

メーカー 型番

液晶テレビ

シャープ AQUOS LC-40H7

ブルーレイレコーダー

シャープ AQUOSブルーレイ BD-W520

1ビットオーディオアンプ

シャープ SD-AT1000

ネットワークプレイヤー

パイオニア N70

スピーカーシステム

KEF E305

タイムドメイン Yoshi9視聴

 けいはんなプラザのタイムドメイン社の視聴室です。一度は聞いてみたかったスピーカーです。視聴室とは言え、ご覧通り高価なアンプやプレイヤーが無く、これで十分にスピーカーがドライブできるのか甚だ疑問です。
 結論、1.帯域が非常に狭い。 ボーカルは良く出ますが、響く重低音や突き抜ける高音は出ません。2.大変ナチュラルなサウンド、透明度が高い。広がり感も宜しい。3.高価、値段相応ではない。財貨感にも乏しい。

時計談義

 私は特に時計マニアではないのですが、こういうメカ物は好きです。2004年に生産技術本部という部署に居たとき、時計マニアの方が沢山いました。見たことも 無いような格好良い腕時計を着けている人が多く、尋ねてみると自慢げに話をしてくれました。メーカー名などは良く分からなかったのですが、20年使った時計もちょいと草臥れてきたようでしたので、ちょっと張り込んで買ったのがロイヤルオリエントでした。

 2004年、28万円で買った「オリエントのWE0011JA」です。30年ぶりの新設計とかで、職人さんが手作りで1ヶ月以上掛けて1個作ったようです。1年間の限定生産で150個作ったとか。シリアル番号は014番です。
 ヨドバシ梅田には1ヶ月に1個くらい入荷し、30分で売り切れる人気商品だったようです。たまたま入荷直後だったので薦めてくれました。バンドが非常に凝った作りで、隙間が殆どありません。バンド調整に2時間も掛かる複雑さです。
 オーバーホールは2年目無償、7年目に実施しました。でも10年目で、リューズの部分から雨が入り、ガラスが曇ってしまいました。応急処理で分解乾燥して頂きましたが、オーバーホールが必要なようです。

 グランドセイコーのメカニカルSBGJ005です。2014年バーゼルワールドに出品した限定600台生産モデルです。シリアル番号は291番です。
 スケジュール一杯で時間にシビアな仕事をしていますので、腕時計がないととても生活ができません。ちらっと覗きに行った博多大丸で、現物を見た瞬間一目惚れしてしまいました。3個入荷して残り1個でした。
 実用品として少々高かったですが、毎日時計と一緒に暮らしていますので、まあ仕方ないですね。

車談義はこちらに移動しました。

E52エルグランド ウィンカー球LED化はこちらです。

最近の若手技術者に一言

 理系大学を卒業してメーカーに入っても、実際に製品の設計に携わらない技術者が多い。仕様書だけ書いて、外部の設計会社に業務委託するメーカーが増えている。
 1990年以前にメーカーに入社した人は、自分で設計図面を書いたり、試作品を作って実験したりして製品を作ってきた。だから、設計の勘所を理解している。(これを知見という)だから、外部の設計会社を使っても、設計の精査ができる。しかし、今の若手技術者にはそれができない人が多い。そのため、大手メーカーの設計力が極端に落ちている。

 一番行けないと思うのは、若手技術者がネットに頼っていることである。全部とは言わないが、ネットの技術記事自体がかなり怪しいものが多い。
 大学で理屈を勉強した人が書いていると思われるが、実際に作って実験検証もしたこともない記事や意見が氾濫している。しかも、さもあらんかように偉そうに書いてある。そういう人は身分を明かさず、匿名で記事を書いているケースが多く、ほとんど信用に値しない。ネットだから適当に回答を書いている若者は許しがたい。こういう輩が日本を駄目にする。

 先日も、大手出版社のWebサイトでパワコンに関する誤った記事があった。記事を書いているのは施工技術者だろうと思われるが、パワコンの技術内容を全く理解せず、海外製パワコンを非難していた。おそらく読者は海外製品に悪いイメージだけ持たされたと思う。
 世の中、技術者という言葉の定義が広範囲過ぎるが、現場関係の人のほとんどは技能者である。いわゆる技術製品を扱う人である。本当の技術者とは製品を設計できる人です。

 大学で学んでそれが全てに役立つ訳ではない。むしろ逆だろう。大学は基礎を学ぶところ、メーカーに入ったら優秀な先輩について製品の設計技術を学び取って欲しい。或いは、優秀な他社製品を見て学んで欲しい。更に、自分なりに最新の技術を使ってどう設計するのか考え、それを試作し、現実の製品にして欲しい。
 若者よコンピュータは道具、設計は自ら手を動かさないと始まらない。

戻る

無断転載禁止